許認可なら京都市の松谷行政書士事務所

行政書士とは「身近な街の法律家」

 

行政書士法に基づく国家資格で、官公庁に提出する書類および権利義務・事実証明に関
する書類の作成、提出手続、行政書士が作成した官公署提出書類に関する行政不服申立
て手続(特定行政書士の付記がある者に限る)等の代理、作成に伴う相談などに応ずる
専門職。

 

「官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること」は、行政書士の独占業務です。

 

行政書士の使命

 

行政書士は、法律専門国家資格者の中でも特に幅広い業務範囲を持ち、国民の生活に密
着した法務サービスを提供しており、高い倫理感を持って職務にあたるよう心がけてい
ます。

 

 

規則により制定されている行政書士の徽章は、秋桜(コスモス)の花弁の中に「行」の
文字を配したもので、調和と真心をあらわしています。

 

行政書士の徽章が意味するように、行政書士は社会の調和を図り、誠意をもって公正・
誠実に職務を行うことを通じ、国民と行政との絆として、国民の生活向上と社会の繁栄
進歩に貢献することを使命としています。

 

 

行政書士倫理要領

 

1.行政書士は、使命に徹し、名誉を守り、国民の信頼に応える。

 

2.行政書士は、国民の権利を擁護するとともに義務の履行に寄与する。

 

3.行政書士は、法令会則を守り、業務に精通し、公正誠実に職務を行う。

 

4.行政書士は、人格を磨き、良識と教養の陶冶を心がける。

 

5.行政書士は、相互の融和をはかり、信義に反してはならない。

page top